お任せ助成金ナビ-返却不要の助成金の無料相談

助成金無料診断 0120-278-183

助成金用語辞典

助成金に関係のある専門用語を解説!ぜひご活用ください。

ア行カ行サ行タ行|ナ行|ハ行|マ行|ラ行|ワ行|

カ行

介護基盤人材確保助成金(かいごきばんじんざいかくほじょせいきん)
介護関連事業主として、介護分野で新サービス提供等に必要な特定労働者を新たに雇い入れる場合、雇い入れた労働者の賃金の一部の6ヶ月間に限り、上限を70万円に支給される助成金。
看護師等雇用管理研修助成金(かんごしとうこようかんりけんしゅうじょせいきん)
看護師、准看護師、保健師、助産師を雇っている病院、クリニック、助産所、介護老人保健施設、指定訪問看護事業所に支給される助成金。
厚生労働大臣が指定する雇用管理研修を受講すること、看護師などの雇用を改善する責任者「雇用管理者」を以下の者の中から選任して、その者を受講させること等が受給要件となる。
キャリア形成促進助成金(きゃりあけいせいそくしんじょせいきん)
「キャリア形成」とは、労働者が自らの職業生活設計に即して職業訓練や実務経験を積み重ね、実践的な職業能力を形成することをいいます。
そのために事業主が行う支援として、職業訓練の実施・経費補助や休暇の付与・職業能力評価の実施を計画的に行う場合に活用できる助成金。
建設教育訓練助成金(けんせつきょういくくんれんじょせいきん)
建設労働者の技能の向上を図りたい建設事業主や建設事業主団体等が建設労働者に能力開発等の教育訓練を実施した場合、実施に要した経費や労働者の賃金の一部が支給される助成金。
公的融資(こうてきゆうし)
国民生活金融公庫等からの支援金であり、返済の義務があるもの。
高年齢者等共同就業機会創出助成金
(こうねんれいしゃとうきょうどうしゅうぎょうきかいそうしゅつじょせいきん)
45歳以上の高年齢者等3人以上が共同して新たに法人を設立し、労働者を雇い入れ、継続的な雇用・就業機会を創設した場合に、当該事業の開始に要した一定範囲の費用について、500万円を上限に支給される助成金。
雇用調整(こようちょうせい)
企業が景気の変動や業績に対して過不足となっている雇用を、従業員数や労働時間の増減で調整すること。
具体的には、残業規制やパートタイム労働者の解雇、配置転換や出向、希望退職者の実施などのことをいう。
雇用調整助成金(こようちょうせいじょせいきん)
景気の変動、産業構造の変化等に伴う経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされ、休業等(休業及び教育訓練)又は出向を行った事業主に対して、休業手当、賃金等の一部が支給される助成金。
雇用保険 (こようほけん)
労働者が定年・倒産・自己都合等により離職し、失業した場合に1日も早く再就職できるよう、職業紹介や失業等給付を支給する制度。
労働者を雇用する事業は原則として強制的に適用され、保険者は日本であり、公共職業安定所(ハローワーク)が事務を行っている。

お任せ助成金ナビでは
無料相談に対応した助成金取り扱い専門家を掲載中です!


専門家に依頼することで「時間の短縮」「正確な書類の準備」「受給成功率アップ」といった様々なメリットがあります。
スムーズな申請と受給をするために、ぜひ専門家にご依頼ください。


助成金の専門家をお探しの方はこちら

助成金の専門家を探す

コンテンツマネジメントシステム