お任せ助成金ナビ-返却不要の助成金の無料相談

助成金は返済不要 無料診断受付中 0120-278-183
ホーム >  新しく雇い入れるとき > 試行雇用(トライアル雇用)奨励金

試行雇用(トライアル雇用)奨励金

概要

務遂行に当たっての適性や能力などを見極め、その後の常用雇用への移行や雇用のきっかけとするため、 経験不足等により就職が困難な求職者を試行的に短期間雇用(原則3ヶ月)する場合に奨励金が支給されます。

主な受給の要件

以下に該当する者のうち、試行雇用を経ることが適当であると公共職業安定所長が認める者を、
公共職業安定所の紹介により試行的に短期間(原則3ヶ月)雇用すること。

1) 45歳以上の中高年齢者

※ 原則として雇用保険受給資格者又は被保険者資格の喪失日の前日から起算して1年前の日から当該喪失日までの間に被保険者であった期間が6ヶ月以上あった者)

2)40歳未満の若年者等

3)母子家庭の母等

4)季節労働者

※ 厚生労働大臣が指定する地域・業種に従事する者であって、各年度の10月1日以降に特例受給資格者として離職した65歳未満の者)

5)中国残留邦人等永住帰国者

6)障害者

7)日雇労働者・住居喪失不安定就労者・ホームレス 等

受給額

対象労働者1人につき、月額4万円

支給上限:3ヶ月分まで

ここがポイント!

  • 試用期間(最大3ヶ月)中の給与の一部を国が負担してくれるという制度です。
    会社にとっても、従業員にとってもメリットがあるといえるでしょう。
  • まずハローワークへの求人票の提出が必要です。
  • トライアル雇用実施計画書を対象者の雇い入れから2週間以内にハローワークへ提出する等の準備が必要です。

より早く、確実に受給されるためにも、ぜひ一度専門家にご相談ください。

なお、ご不明な点がございましたらお気軽に当サイトまでお問い合わせくださいませ。
お電話でのお問い合わせは0120-278-183まで。メールでのお問い合わせはこちら

助成金の専門家を探す

ニュージーランドドルでFX取引