お任せ助成金ナビ-返却不要の助成金の無料相談

助成金は返済不要 無料診断受付中 0120-278-183
ホーム >  新しく雇い入れるとき > 3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金

3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金

概要

大学等を卒業後3年以内の既卒者を正規雇用した事業主に対して奨励金が支給されます。

※ 平成24年3月31日までの暫定措置

主な受給の要件

1)卒業後3年以内の大卒者等も応募可能な求人をハローワークまたは新卒応援ハローワークに提出し、
そこからの紹介により、卒業後3年以内の大卒者等を正規雇用として雇い入れた事業主であること。

※ 正規雇用として雇い入れるとは、「雇用期間の定めのない雇用であって、1週間の所定労働時間が通常の労働者と同程度である労働契約を締結し、 雇用保険の一般被保険者(ただし1週間の所定労働時間が30時間未満の者を除く)として雇用する場合」を指します。

2)大学等※を卒業後3年以内の既卒者で、1年以上継続して同一の事業主に正規雇用された経験がない人を
雇用すること。

※ 大学等とは、大学、大学院、短大、高専および専修学校等をいいます。

※ ハローワークまたは新卒応援ハローワークに求職登録をしている人に限ります。

※ 平成22年度においては、平成20年3月以降に大学等を卒業した人が対象となります。

受給額

正規雇用での雇入れから6ヵ月経過後に、100万円が支給されます。

※ 奨励金の支給は同一事業所に1回(100万円)限りとなります。

ここがポイント!

  • 大学等卒業後、3年以内の者を新卒として正規雇用することで、助成されます。
  • 「3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金」は、平成22年に設置された新しい制度で、
    平成24年3月31日までの暫定措置となります。
  • 同様な暫定措置として、「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」があります。
    卒業後も就職活動中の新規学卒者を正規雇用へ向けて育成するために、
    まずは有期雇用(原則3ヶ月)で雇用し、 正規雇用へ移行させた事業主に奨励金が支給されます。

より早く、確実に受給されるためにも、ぜひ一度専門家にご相談ください。

なお、ご不明な点がございましたらお気軽に当サイトまでお問い合わせくださいませ。
お電話でのお問い合わせは0120-278-183まで。メールでのお問い合わせはこちら

助成金の専門家を探す

ニュージーランドドルでFX取引