お任せ助成金ナビ-返却不要の助成金の無料相談

助成金は返済不要 無料診断受付中 0120-278-183
ホーム >  新しく雇い入れるとき > 実習型雇用助成金

実習型雇用助成金

概要

事業主が受けられる助成金で、十分な技術や経験を持たない求職者を、ハローワークを通じて6か月間の実習型雇用により受け入れ、その後正規雇用へつなげる事業主に対して助成します。

主な受給の要件

対象となる事業主は、ハローワークにて実習型雇用として受け入れるための求人登録をしていて、かつ、受け入れる求職者を実習型雇用終了後に正規雇用として雇い入れることを前提としていること。

受給額

求職者を6か月有期雇用契約することで、月額10万円
正規雇用後6か月定着することで50万円さらにその後6か月定着することで50万円。
さらに正規雇用後の教育訓練の助成金として一人当たり50万円を上限として支給される。

ここがポイント!

  • 非正規雇用離職者等に対する新たなセーフティネットとなります。

より早く、確実に受給されるためにも、ぜひ一度専門家にご相談ください。

なお、ご不明な点がございましたらお気軽に当サイトまでお問い合わせくださいませ。
お電話でのお問い合わせは0120-278-183まで。メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る

助成金の専門家を探す

ニュージーランドドルでFX取引