お任せ助成金ナビ-返却不要の助成金の無料相談

助成金は返済不要 無料診断受付中 0120-278-183
ホーム >  新しく雇い入れるとき > 看護師等雇用管理研修助成金

看護師等雇用管理研修助成金

概要

病院の事業主に対する助成金で、雇用管理研修を雇用管理者に受講させ、事業所の労務管理の改善に役立てていくために支給されます。

主な受給の要件

看護師、准看護師、保健師、助産師を雇っている病院、クリニック、助産所、介護老人保健施設、指定訪問看護事業所が対象になります。

1) 厚生労働大臣が指定する雇用管理研修を受講すること。

2) 看護師などの雇用を改善する責任者「雇用管理者」を以下の者の中から選任して、その者を受講させること。

  • 病院長、副院長、所長、施設長などの管理者
  • 人事労務担当者で係長以上の者
  • 看護部門などで師長以上の者

厚生労働大臣が指定する研修を通常の仕事と同様の扱いとして受講させて、きちんと研修時間中も所定の給料を支払うことが必要です。
当然ながら、研修費用は全額会社負担であり、受講する本人には負担させないことが前提条件になります。

受給額

受講させた研修の入学金、授業料、教材費などの合計の実費に対し助成され、雇用管理者1人1回の受講につき5万円を限度として支給されます。

尚、研修の受講回数は1年で3回が限度。
すなわち、最大15万円の助成金を受給することが可能です。

ここがポイント!

  • 雇用保険の適用事業所でなければ、この助成金は受給できません。

より早く、確実に受給されるためにも、ぜひ一度専門家にご相談ください。

なお、ご不明な点がございましたらお気軽に当サイトまでお問い合わせくださいませ。
お電話でのお問い合わせは0120-278-183まで。メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る

助成金の専門家を探す

ニュージーランドドルでFX取引