お任せ助成金ナビ-返却不要の助成金の無料相談

助成金は返済不要 無料診断受付中 0120-278-183
ホーム >  従業員の待遇改善 > 中小企業子育て支援助成金

中小企業子育て支援助成金

概要

一定の要件を備えた育児休業、短時間勤務制度を実施する中小企業事業主(従業員100人以下)に対して、育児休業取得者又は短時間勤務制度の適用者が初めて出た場合に助成されます。
中小企業での育児休業の取得促進を図ることを目的としています。

※ 平成22年4月1日以後は、育児休業のみが支給対象(経過措置を除く)となりました。

※ 短時間勤務については、両立支援レベルアップ助成金(子育て期の短時間勤務支援コース)が一定の場合に利用できます。

主な受給の要件

1)常用労働者100人以下の企業において、育児休業取得者、短時間勤務制度の適用者が初めて生じた事業主であること。

2)労働協約又は就業規則に育児休業について規定している事業主であること。

3)雇用保険の被保険者として支給申請にかかる子の出生の日まで1年以上継続して 雇用されている育児休業取得者であること。

4)1歳までの子を養育するため平成18年4月1日以後の日を始期とする6か月以上の当該子にかかる育児休業をした期間があり、かつ、産後休業の終了後引き続き育児休業をした場合には、産後休業を含め6か月以上を取得したこと。 等

受給額

【1人目】
育児休業(子が1歳未満)100万円(定額)
短時間勤務(子が3歳未満)60万円、80万円又は100万円(利用期間に応じて)

【2人目〜5人目】
育児休業(子が1歳未満)80万円(定額)
短時間勤務(子が3歳未満)40万円、60万円又は80万円(利用期間に応じて)

ここがポイント!

  • 育児休業取得者短時間勤務制度の利用者が初めて出た中小企業事業主(従業員100人以下)に支給される助成金です。
  • 今まで育児休業又は短時間勤務制度を利用した者がおらず、初めて利用する者が出た場合に適用されます。
  • 一般事業主行動計画を作成する必要があります。

より早く、確実に受給されるためにも、ぜひ一度専門家にご相談ください。

なお、ご不明な点がございましたらお気軽に当サイトまでお問い合わせくださいませ。
お電話でのお問い合わせは0120-278-183まで。メールでのお問い合わせはこちら

ページの先頭に戻る

助成金の専門家を探す

ニュージーランドドルでFX取引