お任せ助成金ナビ-返却不要の助成金の無料相談

助成金は返済不要 無料診断受付中 0120-278-183
ホーム > 震災を受けた方のための助成金 > 特定求職者雇用開発助成金(被災者向け特例措置)

3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金・3年以内既卒者トライアル雇用奨励金[被災者向け]

概要

3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金」「3年以内既卒者トライアル雇用奨励金」が、震災の特例措置で支給額が拡大。
被災地の新卒・既卒者を積極的に採用しようという意欲ある事業主の方は、ぜひご活用下さい。

採用手続き

公共職業安定所(ハローワーク、新卒応援ハローワーク)に、「震災特例対象者」に対する「震災特例専用求人」を提出することで応募をかけ、適任者を採用します。

「震災特例専用求人」の様式は通常の「求人申込書」と同じです。ただし求人シートを提出する際に、震災特例専用求人である旨を窓口で告げる必要があります。

震災特例対象者

平成21年3月以降に学校を卒業し、青森・岩手・宮城・福島・茨城・長野・新潟・栃木・千葉の9県の災害救助法適用地域に居住する方です。
(平成23年3月11日の被災日以降、他の地域に避難した人も含みます)

震災特例専用求人:震災特例対象者に限定した本助成金の対象となる求人

また被災した求職者が応募しやすいように、以下の事項について「求人申込書」に明記することが求められています。よろしくご配慮ください。

  • 面接のための旅費、赴任旅費の支給があるか否か
  • 面接はスーツでなくても可能か否か
  • 採用後、入居できる社宅・寮はあるか否か
  • 家賃補助・住宅手当等はあるか否か

支給金額

3年以内既卒者(新卒扱い)採用拡大奨励金

  • 震災特例対象者を採用し、正規雇用に移行した時点から6か月定着した場合に、120万円支給されます
  • 雇用保険の適用事業所単位で支給され、ひとつの事業所あたり最大10回(震災特例対象者10人)、最高1,200万円まで受給可能
  • 本助成金の本来の支給額は、1人100万円、1事業所1回限りです。ひとりでも多くの被災者の雇用を促進するため、回数(人数)を大幅に拡充したのが、今回の特例措置です

3年以内既卒者トライアル雇用奨励金

  • 既卒者採用に積極的な事業主に、有期契約で試し(トライアル)に雇用してもらい、その後の正社員雇用につなげることを目的とした助成金です。正社員雇用した場合だけでなく、有期雇用期間中も助成金が支給されます。
  • 震災特例対象者を有期雇用(原則3か月)し、その後正規雇用に移行した時点から3か月定着した場合に、対象者1人当たり60万円(本来の支給額は50万円)支給されます。人数の上限はありません。
  • 有期雇用期間中は、対象者1人につき月額10万円を支給。有期雇用後、正規採用に至らなかった場合も返金する必要はありません。

ここがポイント!

被災地の新卒・既卒者を応援する助成金です。

より早く、確実に受給されるためにも、ぜひ一度専門家にご相談ください。

なお、ご不明な点がございましたらお気軽に当サイトまでお問い合わせくださいませ。
お電話でのお問い合わせは0120-278-183まで。メールでのお問い合わせはこちら

助成金の専門家を探す

ニュージーランドドルでFX取引